So-net無料ブログ作成
検索選択

流れ

仏教が興隆するときの流れは、その時代の問題に光を当て答えを出して、次に目に見えない仏界について表し、時代を潤していく。釈迦は、先ず華厳経等を42年間説き、そして72歳から8年間法華経を説いて2000年の間世界を潤した。末法に入り、御本仏日蓮大聖人が出現し、円教としての仏法を明らかにしてくださった。しかし、その言葉は平易であるにもかかわらず、その言葉の表す空間があまりにも広いため、その言葉が光を放つためには、700年の時を要した。今、創価3代の会長によって、「南無妙法蓮華経」は全世界で光を放つ時を迎えている。戸田先生が刑務所から出所し、75万世帯の願業をかかげ、その後、池田先生がその翼を世界へと広げていく時、多くの父母が流した汗が大地に染みていった時間は、弱者が見事な蘇生劇を演じた時代である。すなわち、お金に苦しむ貧乏人、病人、家庭不和、戦争の傷跡深い人々等が主役である。そして今、「南無妙法蓮華経」が現実の世界の人々の苦悩に希望を与え、蘇生していく時代から、さらに広がりを広げ行く時代へと歩を進める時を迎えている。現実の世界は、九界があらわれている世界であり、形の世界である。形の世界は、形のない世界に存在する。御書(生死一大事血脈抄)において、〝水魚の思を成して”
の言葉にそのことを知る。この形のない世界の扉を開ける必要がある。今、創価の運動はこれから100年200年世界を潤すことはできるけれど、1000年万年光を放つことは難しい。日蓮大聖人の直弟子である日興上人を祖とする日蓮正宗の700年後の今日の姿を私たちは目にしている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: