So-net無料ブログ作成
検索選択

冬と春

 “法華経を信じる人は冬のごとし冬は必ず春となる”(P1253)

 この御文に触れるとき、最初に前文の“法華経を信じる人は冬のごとし”に触れ、次に後文の“冬は必ず春となる”に触れてみたいと思います。
 前文を表面上の意味からたどっていくと、法華経を信じる人には冬のような厳しい苦難が訪れるのではないかと誤解されてしまいます。人間はその人生の中で、時に冬のごとき苦難を迎えます。どうしてそのような苦難を迎えるのかという問いを発する時、私はその答えを、釈尊の法華経・日蓮大聖人の南無妙法蓮華経に見出します。釈尊の法華経の 自我偈の最後に“毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就佛身”とあります。これは、仏が常に人間が自分と同じように仏にならんことを念じていると述べられているのです。この法華経の仏の心は、(法華経には人・法という2法を有するため)同時に“人々を仏にせん”という法の意志をもあらわしているのです。つまり、この大宇宙を貫く法の意志は、人間に対して全ての人を仏にせんという力が働いているのですが、そのことを人間は忘れているため、人々を驚愕せんと苦難を用意しているのです。海の上の波が穏やかな時は、舟の中の人の心も穏やかであるけれど、同時に時の流れに流される惰性も進行していきます。しかし、一旦海が荒れたときは、人は自分の持っている力を最大限発揮して、その苦難に立ち向かいます。苦難・苦悩がなければ、人は人生の意味や生死の問題等を見つめ、大地にしっかり足を踏みしめて歩こうとしません。そしてその答えを捜すために、最後に法華経の門の前にたどり着くのです。ここに、苦難はただ人々を苦しめるために存在するのではなく、人間が仏と開くために、最も幸せな状態になるために“成仏とは”“幸せとは”を考えるために存在するという意味を持つのです。
 次に、後文の“冬は必ず春となる”について触れてみたいと思います。この御文に触れるとき、大事な点が2つあります。1つは、この御文の前に(法華経を信じる人は)の文が存在することであり、もう1つは文中に“必ず”という言葉が存在することです。これは、もし法華経に会わないで法華経を信じない人は、「冬は春となる」という法則は成り立たないということを、意味します。これを現実の社会に照らしてみると、冬ととらえる苦難・苦悩に出会ったとき、それを乗り越えて幸せになる人もいるけれども、乗り越えられずに失意の人生を歩む人もいます。冬が春になるかどうかは、不透明であり、乗り越えられるかどうかは、努力・才能・運・誠実さ等があげられ、乗り越えられたときは、それらが良いと言い、乗り越えられなかったときは、それらが悪いとあきらめる。そのような中で、日蓮大聖人は“必ず”とおっしゃっておられる。しかしそれは、「法華経」を信じる前提が必要なのであり、法華経を信じたときは、100人いれば100人が必ず春を迎えるとおっしゃているのです。これを例えをもって考えると、船が航海する時、潮の流れに乗って潮の流れの進む方向に進むと、安心感をもって進むことができるけれど、潮の流れに逆らって進もうとしたら、大きな力を費やし、時にそこからはじき出されてしまいます。その海の潮の流れに例えられるものが、この大宇宙に存在するのです。そのため、全てのものは、宇宙の根本を貫く法の力・法の意志から逃れられません。日蓮大聖人は、「南無妙法蓮華経」に賛する者は幸福になり、それに逆らう者は不幸に沈むとおっしゃっています。そして、その「南無妙法蓮華経」の力は、例え「南無妙法蓮華経」を信じない人であっても、「南無妙法蓮華経」を信じて行動している人を見て喜ばしい事だと思ったり、「南無妙法蓮華経」が国中に広がることを望んだりしただけでも、その力の功徳を得ると述べられています。
 以上のことをまとめてみますと、苦難は人間が幸福になるために用意されたものであり、それは法華経(南無妙法蓮華経)を信じることによって乗り越えられると断言しておられるのです。

「夢」と「寤」

御書並びに釈尊の一代聖教に触れるのに、必ずその基礎となる重要な御書の1つである「三世諸仏総勘文教相廃立」を去年の暮れから読み返している。その御書の中の「夢」と「寤」について触れてみたい。この「夢」と「寤」の対象である世界はどういうものか。
 「夢」と言っている世界は、私たちが存在しているこの現実の世界であり、さらに詳しく言うと「南無妙法蓮華経」で己心の仏界が開かれていない九界の世界を言っている。「寤」とは、その己心の仏界が開かれて十界互具している現実の世界を言っている。即ち、同じ現実の世界に存在している状態でも、仏界が開かれているかいないかによって「夢」と「寤」に分かれるのである。
 では、何故この現実の世界が「夢」と「寤」にわかれるのであるのか。人間は、誕生してから心身ともに成長していく中で、多くの少年少女が思春期を迎えるとき、心の葛藤期を迎える。それまで身につけてきたものが、自分の未来へと歩みを進める上で、盤石の礎とならず、言いようのない大きな不安が心を占めて、苦悩という泉に沈んでいく。ある者は、意識的にせよ無意識的にせよその心の不安に蓋をして、その後の人生を歩み、またある者はその苦悩を真っすぐに見つめ、答えを出せずにその後の人生に幕を降ろしてしまう。多くの人間は、その後の人生を歩むのであるが、それは海の波の上に細い板を浮かべてその上を歩いているようなものである。時にその波が激しく波立つ時、何かすがりつく物を探して、まさに「藁にも縋る」心境で、すがみつく。この時、最も大事なのは、何にすがみついたかである。なぜならこの時、その後の幸・不幸の分かれ道が、ここから始まるからである。ほとんどの哲学・倫理・宗教は、この時間と空間の大宇宙の広さより狭い空間を右往左往していて、その法則や道理は粗雑さが目立ち、この大宇宙の法則や現象、人間の人生の意味など重要な問題を説明し尽していない。何かにすがって一旦はほっとするけれど、その狭さよりあちらこちらで矛盾が生まれ綻びを見せるため、宗教の遍歴が始まる。或いは、無理に自分を変えてその空間の中に押し込めてしまう。もし、すがみつくとしたら日蓮大聖人が説く「南無妙法蓮華経」只1つである。その広さは、この大宇宙を入れてもなお広く、全てにその答えを提示してくれる。波の上に浮かぶ板を歩いている私たちに、波は海というものの1部であり、波の下の海という存在を教えてくれる。その海の中を、己心の仏界を開くことによって一点の曇りなく見通すことができ、波の上をまるで大地を歩くように、大安心感をもって直接歩くようになる。この大安心感をもって波の上を歩いている状態を「寤」といい、波の下の海の存在を知らずして、その上を右往左往しているのを「夢」と言っておられる。そして、ここで最も大事なのは、この仏界を開くという行為は、あくまで個々の人間によってなされるものであり、誰か他人(例えば仏と呼ばれる人によってさえも)が開いてくれるものではないのである。個々の人間が自身の行為として、己心の仏界を開いた時に、初めてこの大安心感を持つのである。

開く

生死一大事血脈抄
  総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此の心なく水魚の思を成して異体同心にして南無妙     法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり         御書p1337

上記の御書については、よく組織の団結の要諦として説明される。池田先生の小説「新・    人間革命」において

  「自他彼此の心」とは自分は自分、他人は他人というように、自分と他人とを差別す     る、断絶した心である。たとえば、自分の利害ばかり考えて他者を顧みないエゴイズ      ム、無関係を決め込む心、あるいは敵対視、また、己の感情を根本にした生き方といえ     よう。
  皆の心がバラバラに分断された、そんな集団に仏法の血脈が通うことはない。ゆえに     大聖人は、そうした生き方を厳しく戒められたのである。
  また、「水魚の思」とは、切っても切れない同士相互の、密接不可分な関係を、深く     自覚することである。互いに、公布の使命に生きる同志を、なくてはならない尊い存在     として支え合い、敬い合っていくことが、「水魚の思」の姿といえよう。
  また、「異体同心」とは、それぞれの個性、特質を最大限に生かしながら、広宣流布     という大目的に心を合わせて前進していくことである。                    大聖人は、総じては、御自身の生命に流れる血脈は、この「異体同心」の団結のなか     に伝わり 、「広宣流布」の大願に生きる、一人ひとりの生命に脈打つことを明言され     ているのである。                    大白蓮華No.806 p92

と述べられている。しかし、生死一大事の血脈という主題からすると、この文はもっと重    大な意味を持つのである。それは、人間が「仏界」を開くとはどういうことかを表してい    るのである。つまり、
1、自他彼此の心なく
2、水魚の思を成して
3、異体同心にして
南無妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり
というように、「仏界」を開いた状態を3つの言い表し方で述べられている。私たち人間    は、九界という現実の形と現象の世界で生きている。その中では、自分と他人、自分と木    自分と花等というように、自分と他の物体と区別して感じたり考えたりする。また、空間    においては、こちらとあちらという感覚の中で生きている。それが、「仏界」を開くこと    によって、つまり自分の「生命」を開いて「南無妙法蓮華経」と一体となった時に、この    自他彼此の感覚は薄れていく。例えば、手は1つの物体であり足や頭と違うけれど、普段    は身体全体に溶け込んで、手は手と他と区別して生きていない。魚は水の外に飛び出した    時に、自分と水の区別を知覚するだろうけれど、水の中にいる時は水と自分が一体となっ    ているだろう。私たちが空気と自分を区別して生きていないように。この自分の「生命」    と「南無妙法蓮華経」が一体となったとき、自分と木や草などが「生命」という大きな水    の中で一体となっている状態を「異体同心」と言い表している。このように、「仏界」を    開き、「生命」を開いて、「南無妙法蓮華経」と一体となった時、自他彼此と区別する感    覚は薄れ、「南無妙法蓮華経」の息吹が体の芯から沸き上がり、溢れ出す。これを血脈が    通うという。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

流れ

仏教が興隆するときの流れは、その時代の問題に光を当て答えを出して、次に目に見えない仏界について表し、時代を潤していく。釈迦は、先ず華厳経等を42年間説き、そして72歳から8年間法華経を説いて2000年の間世界を潤した。末法に入り、御本仏日蓮大聖人が出現し、円教としての仏法を明らかにしてくださった。しかし、その言葉は平易であるにもかかわらず、その言葉の表す空間があまりにも広いため、その言葉が光を放つためには、700年の時を要した。今、創価3代の会長によって、「南無妙法蓮華経」は全世界で光を放つ時を迎えている。戸田先生が刑務所から出所し、75万世帯の願業をかかげ、その後、池田先生がその翼を世界へと広げていく時、多くの父母が流した汗が大地に染みていった時間は、弱者が見事な蘇生劇を演じた時代である。すなわち、お金に苦しむ貧乏人、病人、家庭不和、戦争の傷跡深い人々等が主役である。そして今、「南無妙法蓮華経」が現実の世界の人々の苦悩に希望を与え、蘇生していく時代から、さらに広がりを広げ行く時代へと歩を進める時を迎えている。現実の世界は、九界があらわれている世界であり、形の世界である。形の世界は、形のない世界に存在する。御書(生死一大事血脈抄)において、〝水魚の思を成して”
の言葉にそのことを知る。この形のない世界の扉を開ける必要がある。今、創価の運動はこれから100年200年世界を潤すことはできるけれど、1000年万年光を放つことは難しい。日蓮大聖人の直弟子である日興上人を祖とする日蓮正宗の700年後の今日の姿を私たちは目にしている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

驚き

ブログを始めて1ヶ月あまり。その間にアクセスされた数は約500.この数字は、私にとっては驚きの数字です。さらに驚いているのは、その中に何度もアクセスしてくださる方がいることです。本当に驚いていると同時に、嬉しく思っています。なぜ、私がこのように驚いているかというと、そもそも私のブログは、多くの人に読んでもらいたいという思いから、始めたわけではないからです。(これは、ブログを書いていらっしゃる方に対し、失礼なのかもしれません)私は、これまで自分は64歳の年から、この御書について、中でも仏界について触れる文章を書き始め、それを1冊の本にして残しておくことになるだろうと思っていました。それがあることがきっかけでブログというのを知り、1冊の本をなすための、メモがわり、原稿がわりという性格を強く意識しました。さらにもう1つの理由は、上京しているがゆえにいつでも会って話すことができない娘に対し、語る方法としてブログを利用することにしました。語る相手は娘、主題は「南無妙法蓮華経」と思って始めたブログが、今公開という形をとっているために予期せぬことが生まれて、その時々の思いを日記風に書くということが新たに加わるようになりました。それでも、私のブログの基本は、「南無妙法蓮華経」の原理、法則をかきむしるように明らかにして、文字に書き表していこうと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

娘の意志

私は子供達が小さかった時、「南無妙法蓮華経」に出合い創価学会に入会した。そしてよく家族で座談会などの会合に子供を連れて参加していた。その子供達が大きくなると、「南無妙法蓮華経」に向き合っていく者と離れていく者とに分かれた。その離れていった娘に最近言われた。〝お父さん、私創価学会に入会しているの。”、〝うん、しているよ。”、〝いつから、”、〝お前が子供の時から。よく座談会に一緒に行っていたじゃないか。”、〝お父さん、私が子供で何もわからないときに本人の意志に関係なく入会しているのは問題だから、とりけして。”
「南無妙法蓮華経」の素晴らしさを知るものとしては、今は離れている状態でもいつか向き合う時が来るだろうと思い、そのままにしていたのであるが、道理としてはなるほど娘の言うことが正しいと思い、娘の意志を尊重することにした。そして入会の有無に関係なく、娘も大きくなり社会人として自分の足で歩きだしているのであるから、人生をより良く生きていくうえでどうして「南無妙法蓮華経」が必要とされるのかを語りかけたいと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

飛び込む

先日、御書を読むとき、あるいは触れるとき、自己の知に頼らないで、全身全霊余力を残さないで飛び込まないと、答えを得ることができないと言いました。それを少し詳しく考えたいと思います。御書に触れるとき、しなければならない作業があります。第1に、一字の言葉の意味を見つけることです。と同時に、その言葉を含む文の意味も見つけなければなりません。第2に、一字の言葉、一文の答えは、十界の中にそれぞれ存在します。第3に、加えて仏法は人、法の2法を有しますので、この2法の立場で答えを見つけようとしなければなりません。例えば「南無妙法蓮華経」の「南無」について御義口伝の冒頭で教えてくださっているのですが、その中で〝帰と云うは迹門不変真如の理に帰するなり”とあります。この一文に触れようとする時、先ず〝帰する”とはに対する答えを求めると同時に〝迹門不変真如の理に帰するなり”の答えを求めることです。仏の表す言葉は、1つの言葉でもその広さは限りありません。それは、何も描かれていない真っ白な巨大なキャンパスのようなものです。とらえどころがありません。ですから、それに自分の答えという色で形を描いていかなければなりません。次にこの〝帰する”という言葉、〝迹門不変真如の理に帰するなり”の答えは、十界、つまり地獄界から仏界の10の立場の答えがあるということです。地獄界にいる時はどういうことなのか、人界にいる時はどういうことなのかそれぞれに答えがあるのです。加えて仏法は、人、法の2法でこの大宇宙の法則をとらえます。ですから、それは人としてどうなのか、人を含めた大宇宙においてはどうなのか、さらに「南無妙法蓮華経」においてはどうなのかという問いが加わります。この様な作業に必要なエネルギーは、一凡人の私には膨大なものです。そのため、余力を残さないで飛び込まないと、その1つの答えも見い出すこともできません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

軽やかに

「南無妙法蓮華経」を信じる者は、信行学の行の1つとして勤行を行っている。釈尊の方便品、自我偈を唱え、題目を唱える。座談会その他の会合でよく思うのですが、婦人ではなく、男性の方特に幹部の行う勤行の時、不思議に思うことがある。それは、方便品、自我偈をはじめ題目を押しつぶしたように、あるいはすりつぶしたように唱えることである。釈尊の法華経は、一字一文歓喜に溢れている。そのため、境涯が進めば進むほど、広くなればなるほど、歌を歌うように、小鳥がさえずるように、大海の波がはじけるように、軽やかにみずみずしく唱えるようになると思うのである。池田先生は、゛白馬が天空をかけるように”とおっしゃている。それが、あのように多くの男性幹部の方がすりつぶしたように唱えるのはどうしてだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

主題

 御書は1600ページに及ぶ書物である。その膨大な言葉の1つ1つは何を表そうと述べられているのか。それは、「南無妙法蓮華経」についてである。すなわち、「南無妙法蓮華経」とはで始まり、「南無妙法蓮華経」とはで終わるのである。この七文字が、全てを表すのである。例えば、日本という二文字に過去、現在、未来の時間を軸とし、その中に存在する人や物やあらゆる事象等が含まれる。今日の誰々の朝ごはんは何と何などと1つ1つ取り上げようとしたら、あげ切らない時間的、空間的広がりを持つ。日本という二文字の広がりを思いながら「南無妙法蓮華経」の七文字を思うと、もはや思考上の広さを思うことができない。只広いと感ずるのみである。その広さの「南無妙法蓮華経」に飛び込んで自分なりの答えを出すのが、その人の人生であるように思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

触れる

 御書は人に与えられたものが基本である。
 大聖人のもとに届いた手紙やもたらされた情報に対し、相手方に与えられたものである。そのため性格上、具体的事案が横たわっている。例えば、病気になっているとか、苦境に陥っているとか。その具体的状況を踏まえつつ、その文章の中に、普遍性の真理が内在する。このために単に言葉や文章の表面上の意味にとらわれないで、゛末法万年尽未来際”という時を照らし行く真理に触れようとするのが、御書を手にするときの心得だろうと自覚する。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問